COLORFUL HEARTS
毎日がおもしろおかしいことを祈る!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目が覚めたら…2nd
確かこの1週間程前の記事にも同じタイトルのものがあったので今日は2ndということで。


今日目が覚めると…

やっぱり高萩の家でした。

ズンの家が昇天してからというもの、最近は高萩の家に行くことが多くなった。

昨日はスポ兵の蹴り納めで、夜は飲み会に行った。
最終的にはOB飲みみたいな感じになっていたけど、とりあえず高萩が潰されて、大声では言えないようなことを言いまくっていたので、ズンと世良と俺の3人で高萩を格納したのであった。

とりあえず高萩を布団の上に転がし、残りの3人で話していた…

はずだったけど、俺はどうやら寝てしまった。

朝、ズンの目覚ましアラームが鳴り、普段だったら俺は人のアラームでも何でもとりあえず真っ先に起きて勝手に解除する(そのせいで岡Pは授業に遅刻したことがあるらしい。けど俺がアラーム解除しなくても彼は起きないので関係ないぜ)のだが、この日は昨日の疲れと寝にくい環境だったので体が痛くて起きたくなかった。

いつもズンは起きないのだが、なぜか俺を起こそうとする。

そういえば昨日約束してたっけ。

ズンを実家まで送るんだー!と。

ズンは今日の1時からバイトがあるから、一旦実家に帰って準備してから行くらしい。
でも昨日は飲み会があったので、朝俺がバイクで送るぜ!と約束したのであった。

しかし眠い。
あまりに眠い。

俺は友達との約束を裏切ってでも、今はこの眠気に押し潰されたかった。

そんなバカな!
寝るかっつーの!

行くっちゅーねん!!

俺が言い始めたことだ、行こうじゃないか!
波乗りロードに行ってやるぜよ!!

寝ている高萩を起こし(拷問)、地図を出させる。

俺とズンはこのくそ寒い中、高萩の家を後にした。

有料道路を乗り継いで、時速100キロでひたすら東を目指す。

ズンの家は千葉市から東にまっすぐ、太平洋に面した白子と言う方なんだと。

俺はまったく知らないからズンの指示で道を行く。

完全に極寒である。

しかも風が強い。

寒さで出ることを余儀なくされた鼻水すら鼻の穴に押し帰されるほどの風が吹き付ける。

噂の波乗りロードはまさに波乗りにうってつけのロケーションを横目に走れる快適な道であった。
しかし今冬なんすけど。
寒い。
誰もこんな極寒の海で波に乗ってるやつはいない。

この道を白子インターでおりると、ズンの家はすぐそこだ。

ずん「この道まっすぐ行けばつくよ」

おれ「いぇー」

ずん「ここ。ここ。この真ん中のうんこ色したのが俺んちだよ」


例え悪いよ!!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 COLORFUL HEARTS all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。