COLORFUL HEARTS
毎日がおもしろおかしいことを祈る!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幻の品を追え!
引き下がれない時がある。
たとえどんなに可能性が薄くても、そう、それが紙のように薄い確率でも、行かねばならない時がある。

そんなことが前の日曜日に起きたので書こうと思う。
日曜日。

後輩のうちで目覚める。
麻雀してて寝てしまったのだ。

その寝足りない状況でズンタカと高萩とラーメンを食いにいく。
今日開店の‘一風堂’である。

店はやっぱこんでいて、店員が元気で良かったけど、ラーメンは一蘭のが好きかな。
なんかものたりない感じがしたんすよ。

その後パルコへ。
久しぶりに来た。

3人でだらだらと見て回る。
高萩はどの店でも店員にタメ語で話され、試着を強制されていた。

パルコ出て、フリマを見にいくことに。

俺たちはこの時ある期待をしていた。
そう、あの7年程前に発売され、圧倒的な人気を見せたゲームボーイの名作『テリーのワンダーランド』があるのではないかという期待!

このゲームは主人公がいろんな世界を旅してモンスターを集め、それを配合してモンスターを強くしていくゲームなのだ。
そしてそのモンスターで友達と戦うという、なんとも幼心を刺激した名作なのである。

なぜ今さらこのゲームなのか。
詳細を語るとメンドイんだけど、要はバイト先(俺ら3人は同じバイト)で時間を潰せて、さらに競えるものはなにか…という状況が生んだ唯一の答えなのである、テリーのワンダーランドは。

とにかく我々は探す。
ゲームボーイ本体とソフトそれぞれ3人分と、対戦用のケーブルを。

フリマには服が多く出品されていた。
関係ないけど、なぜか売る側の女の子がかわいい。
答えは簡単、向こうは座ってこっちは見下ろしてる、つまりこの構図はむこうが上目遣いでこっちを見てるということになるのだ。
うーん、いいね!

いやいや、そんな考察はどうでもいい。
やらなければならないことがある。
なんとしても今日中にそろえねばならない!

そんな時、ゲームボーイの引力とでも言うのか。
ぼろぼろのゲームボーイを発見。
それも2台!
価格は2つで300円!!

僥倖。これは僥倖である。

迷わず購入。

さらに出会いという必然か、次の店でたどり着く。
ソフトが放つ興味の波動が俺たちを呼び込んだのであろう。

ここでゲームボーイアドバンス(新しい奴)とソフトをひとつ入手!
(アドバンスは昔のソフトができる!)
俺が購入。
この段階で1人分は確保。

我々はフリマを巡り終え、戦利品として本体3つとソフト1つを得る。

相当順調なペースである。
7年前に発売されたソフトを買えたのはでかい。


そして我々は今度は中古ゲーム屋巡り。
手始めにまず一件。

が…ない。
ないのである。
テリーがないのではない。
ソフトが無いのである。

それもそのはず、任天堂はゲームボーイの後に新機種アドバンス、DSと発表し、中古屋の主流は古くてもアドバンスなのである。
ここでの成果0は、先のフリマの流れを切る悪い流れ。

ゲームボーイソフトの「テリー」は時代の流れに埋もれてしまったのか…

否!
我々は信じて次のハードオフという、ブックオフの本じゃないバージョンの店へ。

しかしあっさり裏切られる期待。
そこの主流もアドバンスソフト。

しかしゲームボーイカラー(音でない)が500円でジャンク品で売られていたので購入。
先のフリマの2台はぼろぼろな上にカラーではないんで、こっちも購入。

さらに今回最難関とされていた本体同士をつなぐケーブルも購入。

ソフトは名作と言うこともあり、何件か回ればあるだろうと踏んでいたが、このケーブルは手を焼くと思っていた。

ケーブルが今回の肝。
そう思って疑わなかった。

この段階で俺は勝利を予感。
この次に控える店は、かつて行った時にちゃんとゲームボーイソフトのコーナーがあって、そこで「テリー」を確認していたのだ。

高萩を2ケツしてバイク2台は最後の聖戦の舞台へ。

イン トゥ ザ ショップ。
IN TO THE SHOP.

そして「テリー」を得る。
その数1つ。

ぐっ…足りない…

残り2つ必要な「テリー」のうち1つしかない。
店内をくまなく探してもない。

寸前で敵を討ちもらす。
捉えたのは影武者!
後一歩、天守閣に火というところまできて肝心の1手がない!

が、何はともあれ後1つ。
確かに期待度大の店で得られないのはでかかったが、まだ店はある。

気を取り直して次の店へ。
が、可能性すら0。
この店は探す気すらなくなるほどのゲームボーイ数の少なさ。

次に稲毛に行き、稲毛の中古ゲーム屋4件を巡る。
が…皆無。
あってもアドバンス。
圧倒的少数のゲームボーイ。
これが7年と言う時の重さ。

心当たりのある店の減少と比例する達成の可能性。

ここでザッキーのバイトする店を思い出す。
期待。
ザッキーならなんとかしてくれるはず!

店に到着。
ザッキーは!?

…いない。

この肝心な時にいないのである。
まったくもってエロ眼鏡な輩である。
当然ソフトもない。

既に探し始めて3時間経過。

敗戦の匂いが漂い始めた。

心当たりは2件。
できれば次の店で決めたい所である。

が…ことごとく終える期待。
この店にはなかった。

疲労はあきらか。
見て分かるテンションの降下。

漂う敗戦の2文字。

残る店は1店。
しかも遠い。
明らかに遠い。

バイクとは言え、その店にいくのは骨が折れる。
さらに寒い。
この寒さがテンションの熱を奪う。

我々に諦めという死神が付きまとう。

が、ここ一番で奮起!!
踏み止まる!!
この状況から前へ!!

圧倒的不利の中、バイクで激走。
死神をはるか後方に、諦めという言葉を振り切って走る!

そしてたどり着く勝利の光。

あまりにでかい店構え。
自然に高まる期待感。

さらにソフトの数にびっくり。
壁につけられたソフトはゲームボーイだけで2000点はあるだろうか。

探す。
「テリー」を探す!

そして叶う念願の夢!

発見!!それも複数!

今さら無駄!

こうして我々は目標のアイテム全てを手中におさめる。
長い1日が終わろうとしていた。


後は今日の戦友は明日の敵。
この食事を終えたら今度は「テリー」をやらねばならないのである。
このステーキを食べたら、我々はゲームボーイのスイッチをつけねばならないのである。

この旅をおえたら、新しい目標にむかって歩き出さねばならないのである。。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
びつくり
今日の出会いも紙のように薄い確率であったと思う。
まじびっくりした。

頑張りましょ。
2005/11/30
(水) 17:56:20 | URL | センスのない豹柄 #6moyDOY6[ 編集]
声かけられた瞬間まじびっくりしました。
豹柄似合うよ、ユーには。ただ個人的にびびったのさ。
ちらっと見えるのがいいね!

頑張ろーぜ!
2005/11/30
(水) 18:14:58 | URL | むら #-[ 編集]
その文章はまさにカイジ!!

しかし、日曜の場面展開もまさにカイジ風な展開だったぜ!!あの黒い建物はまさに僥倖!
2005/12/01
(木) 11:30:02 | URL | nabe #-[ 編集]
ぐっ…
ぐっ…
ぐっ…

こきききき…

僥倖。
2005/12/02
(金) 10:34:23 | URL | むら #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 COLORFUL HEARTS all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。