COLORFUL HEARTS
毎日がおもしろおかしいことを祈る!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時間
[時間]の続きを読む
スポンサーサイト
人生という長い道を歩くに当たって
何年後かに棺桶に自分が入るとき、当たり前のことだけど金はもって入れないわけです。

じゃあ何はもって入れて、何を置いていかなければならないのか。

とか言ってみるけど、死ぬときのこと考えてどうすんだよ!!

重要なのは生きているうちだぜ。
死んだらそこで現実とはおさらばなんだから、今とその先にある死ぬまでの時間をどう使うかが問題なんだよね。

そんじゃー何をして生きていけばいい?
どうやって死ぬまで行動してればいいんすかね?

いやいや、その前に生きるって何!?

昔の道徳の授業とかでやったけど、「生きる」ってなんなの?

生まれて心臓が動いていることを生きているというのか。

たとえ脳の力が衰えて、自分が何をしてるのかわかんなくなっても生きているというのか。

日々したくもない仕事をして金を得ることを生きるというのか。

何をもって生きるとするのか。


ロールプレーイングゲームでは、プレイヤーは自分の姿をゲームの中の主人公に重ねて旅をするけど、当たり前といえば当たり前、所詮ゲームである。
主人公があっさりくたばっても、プレイヤーは生きているのである。

まったく自分は痛まないし傷まない。

リセットできるからゲームの中では大胆になれて、無謀も無茶も当たり前。
しかし現実ではどうだろうか。

人は安牌を切り続ける。
安全という道を外れないように。

将来の夢を小学校の文集に書いた。
その夢が現実になったらすごいけど、そういう人はなかなかいないと思う。
子供の頃って、給料とか資格とか考えてなかったから、やりたいことだけをやりたいって言えていたのに、今になったら、将来にやりたい事って言ったら、頭のどっかで金のことを計算しているんだよね。

寂しいぜ。
金にならないことをしたら無駄だと言うやつさえいる。

尊敬する人。
脱サラしてラーメン屋やってます、みたいな人。
この脱サラ、あんま大したことのないように聞こえるけど俺はものすごいことだと思う。
自分が小、中、高、大学と勉強してきて、就活してやっと入って、これから安定した給料もらって生きていく…というその過去に積んできた確かなものと、未来に積まれるであろうある程度想定できる安全を捨てての決断だからである。
この捨て身な行為、ほんとすごい。
目先に安全があれば、それを満足として、夢云々ではない人のが圧倒的に多いのに、その捨て身になれる度胸。
ほんとにすごい。

まさにやりたいことやってるって感じ。

やりたいことがあるのにできない。
しかもやろうと思えばできるけど、リスクがあるからできないて時。
そうやってやりたいことを覚悟不十分でできずにいることは生きていることなのか。

守るものがあるなら分からなくもないけど、とりあえず養わなければいけない人もいない今、やりたいことやらないでどーすんの?
俺はやりたくないことをこの先毎日やってそれで金を稼ぐなんてまっぴらごめんだい!

俺が考える生きるということ。
それは死ぬときに
「うおー!やりたいことやったぜ!楽しかったー!」
て言うために、何度かある選択のときに、自分の意思で選び、それを実行し、かつやり遂げた後にその選択に後悔しないように頑張る!

これができなかったときを「死んでも死にきれない」て状態で、死ねない、つまり生きてる時にやったことが不十分で未練がある、てことなんかな。

よっしゃ!
やりたいことを思いっきりやろう!
汗をかいて生きよう!

選べと言われたらどうしよう
一生どっちかを食べるなって言われたらどうしよう。

ラーメンと寿司。





助けてください!!
選べません!


じゃあ肉と海産物なら?



くほーー!!
選べましぇん!!


この優柔不断野郎が!!


じゃあ焼肉とカレーって言ったら?


[選べと言われたらどうしよう]の続きを読む
王政復古の大号令!!

王政。

よくわからんが、王の言うことが政治やら国を支配してしまう体制だと思う。

我々庶民には抗うことの許されない法でもできてしまう。

それが王政である。

理不尽なことだってある。
無茶な要求だってある。


それでも声を高らかに叫ぼう!!!


「王様の言うことは~ぜったーい☆」

はい、最高です。
[王政復古の大号令!!]の続きを読む
エロイ事考えすぎ
今日バイト先に顔を出したら、例の後輩がいて電話していた。

どうやら患者さんの家族の方からの電話っぽい。

後輩「はい、○○病院です」(福島訛)

電話「えーと、SEKIさんは入院してますか?」

後輩「はい、もう一度お名前よろしいですか?」

電話「SEKIです」

後輩「はい?セーキサマ?性器様でよろしいんですか?」

電話「はい、そうです」

後輩「少々お待ちください」

後輩「お待たせしました。性器様と言う患者さんはうちにはいないみたいなんですけど…」

電話「そうですか…」


3分後 

後輩「はい、○○病院です」

電話「やっぱりそちらの病院にSEKIがいると思うんですけど…」

後輩「少々お待ちください」

後輩(入院患者一覧を見ながら)「性器性器…」

後輩「やはり性器様という患者様はいないようですけど…」

俺「あ!性器じゃなくて関ならいるぜ!!よく見ろよ!」

後輩「あ、まじっすか!すんません、別のことばっか考えてました」




[エロイ事考えすぎ]の続きを読む
新しいバイトに求めること
今日バイト仲間(福島訛)と人生設計(主な内容は女の子関係)について話した。

バイト仲間って言うかむしろ後輩(デュエリスト)に当たる男(サークルきっての合コン王)である。

最近その後輩(米が8合炊ける炊飯器所持)はバイトを始めたらしい。

聞けば飲み屋系のバイトだとか。

その後輩(学年対抗麻雀より女の子との飲み優先)はお金がいるから新しくバイトを増やしたそうだ。

しかし飲み屋とかのホールは忙しそうで大変!
俺はよくやるなぁと感心していた。

なぜそんなに大変そうなの選んだのかと思ったら…

要は女の子(同世代はもちろん)がいるバイトである。

16歳以上の女の子(高校生かよ!)もバイトできる店らしい。

こ、こいつ…まじで炊飯器(8合)でけーよ!(関係なし)

後輩の話(終始エロイ内容)を聞いていて俺は思った。


誰かを愛するって言うことは誰かを愛さないって事なんだぜ。
ぶっちぎりで一人歩き
世界を歩くと行った時、どこまでもついていくという人がいても、ついてくるなとは言わない。

先に断っておくけど自分は止まらない。

止まらないって言うのは、たとえその人がつまづいても、先を行く自分は立ち止まって手を差し伸べはしないと言うこと。

気楽に旅をしたい。

人は自分のことで精一杯だから、きっと付いていくのは大変だ。

一人は寂しいけど、二人が窮屈なこととどっちが多いだろうか。
楽しみ
地球が後何回公転して、何回自転をしたら俺は何かの領域で世界最高になれるだろうか。

最近目の前には無限の選択肢があることに気づき、恐れなんて抱かなくてもいいことに気づき、将来に想像がつかなくなってきた。

地球が後何回か新しい年を迎え、何回か新しい朝を迎えたら、俺はきっと最高に幸せになれているはず。

そう考えたら不安なんてぶっ飛んだぜ。いえい!
来年の目標
今日と言う日が終わる前に来年の目標をたてよう。

来年こそは2桁!!

チョコの話です。

常に先を見る男です、僕ちゃんは。
『俺と』いう漢字は俺にすれば『ムラヤマ』という意味
勘違いしていた。

このことに気づかない人は多いと思うし、仮に気づいても実行に移す人はなかなかいない。
人によっては俺が気づいたことを間違っていると思うかもしれない。

俺は大学に入ってデザイン工学科に所属し、3年ほど勉強してきた。

最初は今まで習ってきたこととは全然違うことを勉強することに感動していたけど、今就職を目の前にして、これでいいのか?
と思うようになってきた。

これでいいのか?ていうのは、このデザインを就職にしていいのかって事である。

俺は最近の課題で特に困っていてなかなかはかどらずにいた。
それが机に向かう気力を削ぐという、まさに悪循環。

ほんとにやる気がしなかった。

そんな時友達に言われた。

「お前さぁ、課題をいやいややってるよね」

これを聴いた瞬間、俺はドキッとした。

…確かに。

そう、確かに好き好んでやってない!
自発性がないのである。
ただ漫然と締め切りを意識してだらだらやっているのである。

以前は違った。
もっと自分からがつがつやっていたのに。
気合入ってた。

この課題を一生懸命やれば、それだけ就職に近づくっていうのはわかってる。
そんな明らかなことはわかってるのに、なぜ俺は一生懸命になれないのか。

その答えに気づいてしまったのだ。


ずばり!
きっとデザインて俺には向いてない。



俺は自分で作ったり考えたりするのは好きだけど、それは自分だけの中で完結することで、授業などで先生から「こうしたほうがいい、ああしろこうしろ」と言われるのがむかつくのだ。

アドバイスにいちいちむかついてたら、この先やっていけなくね?

俺気づいちゃったよ、まじで。
デザインやってる場合じゃないっすよ。って。


と自分がやってることに疑問を抱いても、見て見ぬふりする人がほとんどだと思う。

俺も最初はそうだった。

せっかく大学入って勉強して、それで今更になって「これじゃない!」とか思っても今までやってきたことが無駄になってしまう気がして、新しいことに挑戦する勇気がなかった。
結局このまま続けるんだろうな…みたいな。

でも今思えばそう自分を縛ることがそもそもの過ちではないか。

大学に入ってやりたいことに向かって一直線。
それは確かに最高。

でも俺みたいに、どうしても学びたい!て思って入ったわけじゃないタイプにとっては、今の考えだと、大学にいることで、将来の可能性を狭めてしまっていると思う。

大学に入っていろんな人と出会い、いろんな職業についても知る機会があったのに、大学で学んだことを無駄にしたくないからという理由でやりたいことができないでいるのは間違っている!

俺はきっとこだわらなけれどこかの企業に就職して、ネクタイして会社通いすることもできると思う。

でもなぜそんなことをしようと思うのか?

安定した収入が魅力だとも思う。

その安全性の魅力は欲しい人にとってはたまらないものだ。
特に自分が名の通った大学を出てればなおさらだとも思う。

でも俺は気づいたのだ。

俺がしたいことはもっと違うことなんだって。

やりたいことやって、その結果生活が苦しくても、そん時はそん時。
うまくいく保障なんてどこにもないし。

こんな若干捨て身になれるところを俺が俺である所以にしたい。

俺が生涯折れることなく振り続けねばならない旗に一文字でっかく書くとしたら、俺は『俺』という字を書いて、雨に打たれても風に吹かれてもその旗を降ろすことなく掲げ続けたい。

死ぬときにその旗が折れてなければ俺の勝ち。
人生やってやったぜ!!
て思えるのかな。

親にはなんて言っていいかわかんないけど、俺は決意してしまった。

やりたいこと挑戦するのは今!
やりたくないことやってても笑って死ねないぜー!


バトム
シンディーからバトムが渡されたので、病院バイトが暇だからやってみよう!!
[バトム]の続きを読む
駆け抜けてしまう青春
昨日夜から今日の朝まで、久しぶりにカラオケ行ってきた。

メンバーは、あーよく見る顔だ、て感じのメンツばかり。
西方にマーシー、ザッキー、リョウタand竜である。
たまたまズンはいなかったけど、この03メンツはよく見る光景だ。

スポ兵ではこのメンツは揃わないし、飯食う時もこんなにはそろわない。
このメンツが揃うのはカラオケの時なのである。

やっぱカラオケするならこのメンツに限る!
曲のチョイスがあつい!

今回は昔のアニメソングに火がつき、知ってる歌を皆でいれまくって歌いまくった。
このメンツならそれが可能である。

俺は課題があったけど、結局テンションあがって最後までいてしまった。
やっぱ最後まで残ってしまったという、後悔ではなく満足。

でもほんとうはちょっと別のこと考えていた。
[駆け抜けてしまう青春]の続きを読む
1年間の成果
自分がこの1年間生きてきて、築いてきたものはなんだったのか。

その成果が目に見える形で示される日が近付いてきた。

[1年間の成果]の続きを読む
先輩として言っておきたいことがある
金曜日、サークルの飲み会があった。

3年として参加する最後の飲み会である。

俺が後輩に伝えられることはなんだろうか。

そうだ!

酒の飲み方を教えてやるぜ!!!

と言わんばかりにコールをかけました。

久しぶりに荒れたぜ。

[先輩として言っておきたいことがある]の続きを読む
飛男
いつもそうやって下ばかりむいているな

それではとても大切なことも見逃してしまうぞ

ほら 空を見上げてごらん

ほんとうにきれいな青空だぞ
[飛男]の続きを読む
さくら
はなむけに桜の枝を送ります

桜の花は美しくてもその実は酸っぱい

その実を食べた人はびっくりして忘れがたいくらいに

真実の苦い味を知ってもそ思い出を忘れないようにと…

花言葉は「私を忘れないで」

たとえそれが苦くて酸っぱい思い出でも

それが真実であるならばいつまでも忘れないでいて欲しい

私を忘れないで

友遠方より来るあり
雨の中、遠方より友人がうちに来た。

彼はソファに座り、5時間程マンガを読んで去っていった。

彼はほとんどしゃべることなく、マンガを読んでいた。

ふと彼は一言発した。
[友遠方より来るあり]の続きを読む
copyright © 2005 COLORFUL HEARTS all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。