COLORFUL HEARTS
毎日がおもしろおかしいことを祈る!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
誤解
先日は、我がサークル仲間の誕生日祝いの宴があって、バイト後に遅刻しながらも駆け付けた!

気心しれたメンバーでの久しぶりの飲み会はやっぱ楽しい!

狭い卓ながら、皆で酒飲んで笑って、とても楽しかった!

今日はいい気分で飲んだなぁ…。

そんな風に思ってた。


ところが実際は酔って、主賓の一人から「酔った村山は手がつけられない」と言われるくらいやらかしちゃったみたいでして。


どうやらまた記憶を失っていたようです。


ごめんなさい。
スポンサーサイト
サッカーしたぜ
やっぱりサッカーは楽しいぜ!!

皆でパスつなぐのも、ドリブルを試みるのも楽すぃーぜ!!


大会とかじゃなくても、小さなミニゲームでもこんなに楽しくて燃えるのだから、夏の千葉大カップが楽しみすぎてキックオフ待てまっすぇーん!!

きっと、おそらく
定かではないです。
でもきっと、おそらく昨日の飲み会は楽しかったはずです。

せっかくお祝いしてもらったのですが、記憶がありません。

でもきっと楽しかったです!
祝ってくれた皆、ほんとにありがと!!

[きっと、おそらく]の続きを読む
成敗
昨日のバスケ。

メインイベントは1年VS2・4年連合軍。


1年は先輩を倒そうと力を集結してきたっぽい。
対して俺らは学年内だけでは人数が揃わないために、2年と4年の急遽の合同チーム。

構図としては新進気鋭、バスケ経験者2人がひっぱる1年VS先輩として負けるわけにはいかない、スポ兵黄金世代の融合チーム。


バスケ経験者2人に加え、全体的に身長が高い1年ということで、最初は負けるんじゃないかと思った。


しかし実際に戦ってみると終始2・4年がリードし、点数でも内容でも圧倒した。

これは試合ではなく、狩りに近かった。
もしくは先輩に挑むふとどき者の心を潰す成敗。


もう1回戦うことになり、1年はリベンジと意気込んだが、そんなものは関係なかった。

圧倒。

負ける要素がなかった。

スポ兵として、先輩としての威厳・プライドをまざまざと見せつけ、敗北者を前に、高らかにハイタッチをすることの気持良さといったら、他に例えようがないほど甘美なものだった。



ちなみに普段のサッカーではそんなに敵対心はない。
1年の挑戦という今回が、あまりに特別だったのだ。
病院送りにされた
朝4時から夕方4時までサッカーをするという企画が順調に前半の4時間を終えた頃だった。

雨が降る中俺は走ることができなくなった。

胸が苦しいのだ。

恋のドキドキではない。

これは、この苦しみは・・・

肺に穴があいてる!!!


すでに過去3回肺に穴があいたことがある俺は、4回目になるこの自体を重くは受けとめず、「まぁあと1試合くらいは・・・」というテンションでプレー続行。

しかし苦しいことこの上ナッシング。
仕方ないから病院へ。

人生4回目となる肺に穴があいたと診断され、即入院。
バイト先に入院。

まじ爆笑。

まじ暇。
[病院送りにされた]の続きを読む
copyright © 2005 COLORFUL HEARTS all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。